大きな魅力 | マンション経営をする為に必要な知識|物件スタディズム

マンション経営をする為に必要な知識|物件スタディズム

大きな魅力

不動産の一括借り上げで管理数を増やす

不動産の管理業務はスケールメリットが効く業種と言えます。現在、不動産管理業界ではM&Aを通じてスケールを拡大する戦略を採り企業が増加しています。マンションやアパートの一括借り上げを武器にして商圏を広げている企業もあります。一括借り上げという手法は基本的に家賃を補償することと同じです。オーナーから賃料相場の90パーセント前後で一括借入を行ったうえで自分で相場賃料で入居者を探すことになります。入居者に対する仲介や建物の管理を引き受けることが出来ますのでスケールメリットを発揮できる事業形態にすることが出来ます。管理業務を行っていると建物につきものの不具合の発生から修繕工事やリフォーム工事の受注に繋がります。

管理業務の信頼度の向上

不動産の一括借り上げによる管理は一気通貫で行うことになりますのですべての責任が集中することになります。住民にとっては住み心地の良し悪しを決める対象となりおますので、一旦トラブルを起こすと不信感が一気に高まる可能性を秘めた方式です。スケールメリットということに安住していると思わぬところからほころびが生じる可能性がありますので、常に緊張感を持って業務に当たらなければなりません。一括借り上げはオーナーにとっては安定的な収入が約束されているとはいうものの入居率が落ちることはオーナーにとって次の契約更改の際の交渉に際して業績が低下していることを示すことになりますので、一括借り上げの賃料の減額要素になるので管理業務についても注意を払っていなければなりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加